未経験だけど、栄養士として転職したいけど可能?~口コミはこちら

栄養士 転職 未経験

『未経験だけど、栄養士として転職したいけど可能?』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

未経験での栄養士への転職は、栄養士の資格とやる気さえあれば可能です。今は未経験でも歓迎と募集している求人もたくさんあります。

しかし実際は、管理栄養士の正社員の募集というのは経験者が優遇されるようです。

 

またどのような場所で働きたいかによっても難しさは変わります。病院、老人ホーム、保育園、学校、給食会社、病院は未経験では難しい、給食会社は未経験でも受け入れてくれる、などの事情があるようです。

しかしどこの職場だって転職したてのときは未経験です。

最終的に自分の求める栄養士としての仕事ができるようになるまでは、経験を積んでいくしかありません。未経験だということだけに不安を持ち転職活動をするのではなく、自分は何をやりたいのか、何を目指したいのかを明確にすることが大切でしょう。

 

■その2

栄養士として経験がなくとも資格を保有しており仕事に対する熱意があれば栄養士として転職することは充分可能です。

就職先としては学校や社員食堂、老人ホーム、スポーツジム、健保組合など多岐に渡ります。転職後は栄養士に求められている資質があれば様々な職場で活躍できるでしょう。

 

重要なのは食べ物に対する関心です。探究心旺盛で食に関する研究や勉強によるスキルアップはとても大切なことですが逆にこれができないと務まりません。

それとコミュニケーション能力も大切な要素です。栄養士は食に対し的確にアドバイスする場面が多く発生する職種です。相手が子供であったり高齢者、要介護者など分け隔てなく接することができ頼りにされる存在になることが必要です。

 

■その3

栄養士の資格は保持しているけれど新卒時には一般事務職として会社に就職したという人が、やはり栄養士の資格を生かして働いてみたいと考えることも少なくないようです。

こういった場合は栄養士としては未経験で就職することになりますが、業務内容はやはり未経験からだと覚えることも多く大変な場合がほとんどです。

 

未経験でも栄養士として採用してもらえる可能性はゼロではありませんが、年齢によっては難しい場合もあるでしょう。

例えば小さな病院の栄養士ですと未経験者では採用は難しいので、まずは少しでも現場での経験を積んでいくことから始めると良いです。

そのため、大きな病院での入院患者用の食事作りの補助などからスタートさせるのがおすすめです。あとは現場での経験と実績を積んでいけば病院や学校での栄養士としての仕事を掴める可能性が高まります。

 

■その4

栄養士の資格を持っているのに、その資格を活かした職場で働いたことがない方、いわゆる未経験者でも、資格さえあれば全く問題なく栄養士として転職はできます。

大事なのは資格を持っいることだけになります。誰もが初めては未経験です。栄養士を募集しているところで、ちゃんと働くことができますよで安心して下さい。

仕事をしながら、勉強をしていけばよいだけです。

 

実際に栄養士の資格を活かしたら仕事になると、病院食を作る場所や産婦人科などに適しています。他にも、幼稚園や学校の給食センターたどでも活用できます。

未経験でも栄養士の資格を持った人が他にもいるはずなので、全然大丈夫です。

食べる人に合わせたアレルギー物質を抜いた食事を作ったり、レシピを考えたりするのがおもな仕事になると思いますが、実際に働きながら学べるので自信を持って転職して下さい。

 

転職したいなら、この転職エージェント(完全無料)↓ ↓

独りで転職活動するのは非常に心細いものです。その場合、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

完全無料でエージェントが今後のキャリアのアドバイス、職務経歴書・履歴書の添削、面接対策、面談調整、入社日の調整、条件交渉なども代行してくれるため非常に便利です。

転職エージェントといっても多数ありますが、ほとんどの方がまず登録するのが大手の『リクルートエージェント』と『DODA』です。

 

上記の大手エージェントでは、圧倒的な転職成功実績、業界トップクラスの求人件数、業界事情に詳しいエージェットが在籍などのメリットがあります。

そして、あらかじめ転職先の企業に求める条件や希望を聞いてから求人を紹介しているため、『膨大な求人情報の中から自分に合った企業を探す』という手間が省け、結果として、選考の通過率も上がり効率的に転職活動を行うことが可能になります。

 

エージェントを利用する場合、面談をしなければなりませんが、遠方に住んでいても電話での面談も可能です。

今すぐの転職は考えていなくても、相談だけでもOK!(サービスを利用しても転職するかどうかは自由です。)
↓ ↓

⇒リクルートエージェント公式ページはこちら

⇒DODA(デューダ)公式ページはこちら

 

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ