調理師から転職する場合、どんな仕事がおすすめ?~口コミはこちら

調理師から転職

『調理師から転職する場合、どんな仕事がおすすめ?』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

私の娘のことです。相当悩んで転職しました。調理師は休みも少なく、給料も低いみたいで、辞める同期もたくさんいるみたいですね。

これまで調理師をしていたのに、すぐに「この仕事に転職したい」という希望が出ることは稀でしょうから、最低限「食に関連した企業」に転職するのか、それとも全く別の業界へとキャリアチェンジをするのかを明確にしておきたいところです。

・食品を扱っている製造業
・食のメディアを運営しているIT系企業

のキーワードで探していましたね。

 

調理師を辞めて転職する場合でも、食つながりであれば興味が沸きやすかったり、転職理由や自己PRなども組み立てやすくなるのでこのような企業を狙っていたみたいです。

一番は年齢かもしれません。若ければ若いほど有利なので、1年でもはやく決断されるべきかと。

 

■その2

調理師の仕事は飲食店でのものが多く、大変な現場です。長時間労働、土日が休みではない上に休みも少ない、給料が安いなど不満を抱えているため調理師からの転職を目指す人も多いようです。

調理師から全く別の業種へ転職したい場合、どんな職種でも転職できる可能性はあります。人と話すことが好きなら接客業や営業職、もくもくと仕事をこなしていくことが好きなら事務職などがおすすめです。

 

しかし全く別の業種の場合、残念ながら調理師の免許や経験を活かすことは難しいかもしれません。

それでも調理師から転職したいと思ったとき、まずは自分はどうして転職したいのか、何に不満があるのか、何をやりたいのかを書き出して明確にしてみるといいでしょう。

 

■その3

調理師免許を活用しない別業種への転職を希望している場合は、どの業界であれ、未経験からの出発ということになります。

どの業種でも未経験者を採用する求人は数は少ないですが年齢が若ければそれなりの求人数があるようです。

 

全くの異業種ということでしたら営業職や一般事務職、営業事務などがおすすめです。

これらの仕事内容は、初心者、未経験者でも仕事全体の流れを掴むまでにはそれほど長い時間がかかるわけではありません。本人のやる気次第で、短期間で一人前になり即戦力となることができるでしょう。

まずは転職サイトや転職エージェントなどに数社登録をして適性検査などを通して転職するにふさわしい職種や業種を見つけていくことから始めましょう。

 

■その4

現代の人たちはファストフードやコンビニの食事に慣れ過ぎて、本当の素材の美味しさを分かる方は私を含めて少ないと思います。

比較的時間にゆとりのある若い男女や定年を迎えた男性などを対象に、料理の基礎を教えてくれる料理教室を開いてはどうでしょうか。

 

私も主婦暦30年くらいありますが、料理番組で初めて知る事もたくさんあります。元調理師の方に料理の基本を教えて貰えるなら、すごく心強いと思います。

出しの取り方や、季節ごとに採れる野菜などを使って調理したり、魚のさばき方など家庭ではほとんどしない事が身につくので、習う方も新鮮で、教えて下さる先生も調理師の免許とキャリアが有効に使えるので、とてもやりがいのある仕事になりそうです。

 

転職したいなら、この転職エージェント(完全無料)↓ ↓

独りで転職活動するのは非常に心細いものです。その場合、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

完全無料でエージェントが今後のキャリアのアドバイス、職務経歴書・履歴書の添削、面接対策、面談調整、入社日の調整、条件交渉なども代行してくれるため非常に便利です。

転職エージェントといっても多数ありますが、ほとんどの方がまず登録するのが大手の『リクルートエージェント』と『DODA』です。

 

上記の大手エージェントでは、圧倒的な転職成功実績、業界トップクラスの求人件数、業界事情に詳しいエージェットが在籍などのメリットがあります。

そして、あらかじめ転職先の企業に求める条件や希望を聞いてから求人を紹介しているため、『膨大な求人情報の中から自分に合った企業を探す』という手間が省け、結果として、選考の通過率も上がり効率的に転職活動を行うことが可能になります。

 

エージェントを利用する場合、面談をしなければなりませんが、遠方に住んでいても電話での面談も可能です。

今すぐの転職は考えていなくても、相談だけでもOK!(サービスを利用しても転職するかどうかは自由です。)
↓ ↓

⇒リクルートエージェント公式ページはこちら

⇒DODA(デューダ)公式ページはこちら

 

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ