栄養士って転職回数が多くなりがち?どうすればいい?~口コミはこちら

栄養士 転職 回数

『栄養士って転職回数が多くなりがち?どうすればいい?』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

栄養士の仕事と一言で言っても職域は様々です。学校、保育所、老人保健施設、病院、企業・・・。また、給食委託会社か直営かによっても仕事内容、条件は様々です。

一般的に給食委託会社は仕事がきつくて転職回数が多くなりがちと言われています。

 

私自身給食委託会社で勤めていた経験があるので分かりますが確かに仕事はハードでした。同期入社の栄養士が同じ事業部に15人いましたが、1年で半分は辞めていきました。

私自身も3年で給食委託会社を退職し、その後老人保健施設、個人病院と転職しました。

 

転職の就職活動で注意したことは「根性がなくすぐ仕事を辞める」と思われないこと。

例えば給食委託会社から老人保健施設に転職した際は、面接で志望動機を訊ねられたときは「給食委託会社で給食管理のみを行っていましたが、もっと高齢者の栄養状態を良くしたいと考え、栄養ケア・マネジメント業務に携わりたいと思い入職を希望します」といったように転職に至った目的を明確に伝えました。

 

病院に転職した際は面接で「高齢者の栄養管理を行っていて、やはり若いうちからの食管理が大切だと老人保健施設で感じたので、今後は病院で予防医療に従事していきたいです」といったように老人保健施設で勤めた経験があるからこその転職・・・と面接官に伝わるようにしました。

 

栄養士のみに限りませんが専門職は意外と転職回数が多くなりがちです。必ず前職で培ったものを次のステップアップにつなげていけるということをアピールしていくことが大切です。

 

■その2

栄養士の転職回数が多くなることに、私としては賛成だと思います。

栄養士の職場によりますが、特に病院勤務の場合は、病院職員や委託職員で待遇も異なりますので、病院院長の方針や上司の考え方でも仕事内容ががらりと変わります。

どの仕事の進め方が正しいとは限らないので、それぞれの良いところを吸収して、次の職場で生かし自分自身のステップアップにつながり、栄養士全体がレベルアップすると思うからです。

 

私自身も、病院の栄養士として職場を変えて、今までの仕事経験を生かすことで、上司に高評価を得ることができました。

私の知人にもいますが、学校を卒業して同じ職場で20年近く働いていますが、20年近く働いていても新人のときと同じ内容の仕事で、改善もなくただ仕事を無難にしてるだけで、同じ職種とし残念な気持ちでいっぱいです。

 

栄養士の職種も、近年仕事内容も変化してきてますので、ベテランの栄養士と新人の栄養士や中堅の栄養士がそれぞれの良い面を吸収しながら、人は生きていく上で必要な食事の大切さをみなさんにお伝えできるような職種にならなければいけないと思います。

そのためには、どうしても女性の職場ですので、人間関係が大変ですが、自分のスッテップアップのためにも、転職が多くなっても良いと思います。

 

私自身も、病院、行政、学校栄養職員、施設の栄養士と様々な場所を経験したことで、幅広い知識が生かされどの職場でも仕事をこなすことができましたので、転職回数に悩まず、レベルアップのためにも前向きな考え方でいたほうが良いと思います。

 

■その3

一般的に転職回数が3回を超えると、採用担当者は転職回数が多いと感じ始めるようです。

転職回数が多いと、長続きしないのではないか、忍耐力がないのではないかなどとマイナスの評価を受けてしまうこともあるかもしれません。

 

栄養士と一言で言っても、どこで働くかによって仕事の内容は大きく変わります。

最初は調理スタッフから始まるところもあるでしょう。そうするともっと資格を活かした仕事をしたいと思うようになる人が多いようです。

もっと資格を活かしたい、もっと色々な栄養士としての仕事を経験してみたい、そのような思いから転職回数が多くなりがちになってしまうのかもしれません。

 

しかしこれは決してマイナスな転職ではなく、むしろ自分にとってはステップアップへと繋がる転職です。

様々な職場で栄養士として働いた経験を強みにしていくのならば、転職回数が多くなってしまってもいい経験だと捉えていれば問題ないでしょう。

 

■その4

栄養士は職場にもよりますが、かなり労働条件が厳しいところが多いようです。

病院でも朝早くから夜遅くまでという激務も多いという話もよく聞きます。また女性の多い職場環境である場合は、いじめなども多発しているのでどうしても転職者が多いようです。

人によっては3回や4回の転職を繰り返している場合もあるようです。

 

栄養士の資格をきっちり生かしながら理想的な職場を見つけるのは本当に大変なことです。ですから転職回数が多くなってしまったとしてもある程度は仕方がないことかもしれません。

ですが転職する前に、必ず全ての条件にマッチしているか、職場環境はどうかということを念入りにリサーチした方が良いでしょう。

転職サイトのエージェントはこうした転職先の情報を把握しているところもあるので、まずは栄養士の転職に強い転職エージェトに登録することから始めましょう。

 

転職したいなら、この転職エージェント(完全無料)↓ ↓

独りで転職活動するのは非常に心細いものです。その場合、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

完全無料でエージェントが今後のキャリアのアドバイス、職務経歴書・履歴書の添削、面接対策、面談調整、入社日の調整、条件交渉なども代行してくれるため非常に便利です。

転職エージェントといっても多数ありますが、ほとんどの方がまず登録するのが大手の『リクルートエージェント』と『DODA』です。

 

上記の大手エージェントでは、圧倒的な転職成功実績、業界トップクラスの求人件数、業界事情に詳しいエージェットが在籍などのメリットがあります。

そして、あらかじめ転職先の企業に求める条件や希望を聞いてから求人を紹介しているため、『膨大な求人情報の中から自分に合った企業を探す』という手間が省け、結果として、選考の通過率も上がり効率的に転職活動を行うことが可能になります。

 

エージェントを利用する場合、面談をしなければなりませんが、遠方に住んでいても電話での面談も可能です。

今すぐの転職は考えていなくても、相談だけでもOK!(サービスを利用しても転職するかどうかは自由です。)
↓ ↓

⇒リクルートエージェント公式ページはこちら

⇒DODA(デューダ)公式ページはこちら

 

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ