保育園の栄養士から転職するなら、どんな仕事がおすすめ?~口コミはこちら

保育園の栄養士から転職

『保育園の栄養士から転職するなら、どんな仕事がおすすめ?』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

ずばり、子ども向けのお料理教室の先生をおすすめします。

保育園の栄養士をされているということは、子どもが好き、または、食育に興味がある方が多いと思います。

 

そんな私も以前は病院で栄養士として勤務していましたが、現在は海外の日本人幼稚園(現地に住む日本人の子どもが通う幼稚園及び保育園)に勤務しています。食育はやはり幼い頃からの知識が大切だと考えるようになったからです。

現在の幼稚園及び保育園で、勤務するまでは幼児に対する声かけや問いかけが全くわかりませんでしたが、実際に現在の職場で学ぶことは、幼児への声のかけ方です。

 

大人に対する声かけとは全く別のものであり、今後この職業体験を活かして転職するなら私は、子ども向けのお料理教室を運営していきたいと思います。

お料理教室を通して、食材に触れる機会を設けたり、実際に調理する体験をし、自尊心を持たせる貴重な機会を与えることができます。

 

■その2

保育園の栄養士は園児用の献立を作成したり、調理をしたりするので幼児の食事に関してはプロてす。この経験をいかしてレトルトの離乳食を販売している会社に転職するということが考えられます。

また保育園では粉ミルクも扱うので粉ミルクのメーカーへの転職も候補としてあげられます。栄養士のいない小規模の産婦人科では退院前に母親に粉ミルクについて粉ミルクのメーカーの栄養士が説明してくれます。

そのような仕事も保育園の栄養士の経験をいかすことができます。

 

ドラッグストアや赤ちゃん用品を取り扱うようなお店でお客さんにレトルトの離乳食や粉ミルクの選び方についてアドバイスすることも可能です。

栄養士の資格が必要ない仕事でも、保育園の栄養士としての経験をいかすことのできる職場はたくさんあります。

 

■その3

転職をお考えならば、栄養士の資格は捨てて他業種で働くことは、今まで勉強してきたことが無駄になる気がして躊躇する方も多いと思います。ですが、栄養士になる為に頑張ってきた努力は、決して無駄にはならないと思います。

 

食品メーカーの営業などになれば栄養士の知識が役に立ちます。健康食品メーカーや化粧品の営業だってトーク中に栄養士としての知識を活かせば、商談がスムーズに進むと思います。

ガテン系などは合わないと思いますが、パソコンを扱えるのであれば、事務職につくのもいいと思います。どんな職種でも、知識は強い武器になります。

 

栄養士になる為に勉強してきたけれど、その知識を活かして新しいフィールドに挑戦してきたくなった、といった感じに前向きな転職理由をつければ、他業種の転職は十分可能ですし、栄養士として学んできた知識も無駄になりませんよ!

 

■その4

保育園の栄養士から転職する場合、どういう理由で転職を希望するかにもよりますが人間関係が嫌だったというのであれば病院や学校の栄養士としてより働きやすい環境の新職場を探すのが良いです。

しかし、栄養士として働くことに疲れたというのであれば、全く未経験の業種や職種へ挑戦することになります。

 

その際には、自分がどのような仕事に興味があるかを見つけ出し、転職エージェントに相談するのが良いでしょう。

一般的に未経験からの転職の場合は、営業が最も採用の確率が高いと言われています。一から学んでいく覚悟があるのであれば、とりあえず営業職への転職を目指してみると良いでしょう。

ですが実際には本人のやる気次第では、どのような業界でも未経験で転職は可能です。

 

転職したいなら、この転職エージェント(完全無料)↓ ↓

独りで転職活動するのは非常に心細いものです。その場合、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

完全無料でエージェントが今後のキャリアのアドバイス、職務経歴書・履歴書の添削、面接対策、面談調整、入社日の調整、条件交渉なども代行してくれるため非常に便利です。

転職エージェントといっても多数ありますが、ほとんどの方がまず登録するのが大手の『リクルートエージェント』と『DODA』です。

 

上記の大手エージェントでは、圧倒的な転職成功実績、業界トップクラスの求人件数、業界事情に詳しいエージェットが在籍などのメリットがあります。

そして、あらかじめ転職先の企業に求める条件や希望を聞いてから求人を紹介しているため、『膨大な求人情報の中から自分に合った企業を探す』という手間が省け、結果として、選考の通過率も上がり効率的に転職活動を行うことが可能になります。

 

エージェントを利用する場合、面談をしなければなりませんが、遠方に住んでいても電話での面談も可能です。

今すぐの転職は考えていなくても、相談だけでもOK!(サービスを利用しても転職するかどうかは自由です。)
↓ ↓

⇒リクルートエージェント公式ページはこちら

⇒DODA(デューダ)公式ページはこちら

 

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ