栄養士への転職で面接や自己PRはどうすればいい?~口コミはこちら

栄養士 転職 面接

『栄養士への転職で面接や自己PRはどうすればいい?』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

栄養指導などの経験をきちんと伝えることが大切です。

自分がどの分野に興味があり、栄養相談によりどのくらい、クライエントの体調がかわったなのか具体的に語れると良いでしょう。

 

なぜ転職をするのか、前の職場のここが嫌だからではなく、前の職場でこういう経験をして、新しい職場でそれを生かしてどう仕事をしていくかを伝えられるとうまくいくと思います。栄養士を目指すきっかけもつたえらえると良いです。

またキャリア形成として、今後新らしい職場だと、どういうスキルが身に付きそうか、それによって将来的に職場にどういうメリットが起こせそうかという部分も伝えられると良いでしょう。

他には一職業人としてどういう点を気を付けているかも話せると良いと思います。

 

■その2

栄養士の転職をする際に希望の仕事が見つかったら、なんとしてでも採用へ結びつけたいと思いますよね。転職に成功するには面接を突破する必要があります。

その際、採用担当者の心に響く自己PRをすると採用率もアップします。

 

ですがこういった面接時の自己PRのテクニックというのは自分だけではなかなか身につけることができません。こういう時に頼りにしたいのは転職エージェントです。

特に栄養士というと医療系やヘルスケア業界で資格を生かすことができるので、こうした分野の転職に強いエージェントに登録して、あとは担当エージェントに面接対策や自己PR対策などをしっかりとサポートしてもらうと、準備がきちんとできるので採用率も高まるでしょう。

 

転職エージェントを賢く利用することが栄養士転職の成功の秘訣です。

 

■その3

栄養士への転職の場合であっても、自己PRのポイントは他の職種と基本的なことは変わりません。前の職場で何をしてきて何を学び、それをどう活かしていきたいのかということです。

 

どんな職場の栄養士としての求人かでも求められることは変わります。自分が受ける求人の栄養士として求められていることと、自分が経験してきたことを繋げればいいのです。

栄養士への転職だからこれをしなければならないということはありません。

 

面接については、栄養士は食に関わる仕事なので清潔感を出すことを心がけましょう。爪は短く切りそろえ、髪の毛が長ければまとめましょう。そしてどの職場でもそうですが、ハキハキとした元気の良さ、真面目さを伝えましょう。

 

■その4

栄養士とか職業は関係なく大前提として必要なことは、しっかりとした転職の動機と私が入ることによる利点をどれだけ相手に魅力的にかつ簡潔に伝えられるかが大切になって来ます。

なのでまずは自分がどうしたいかや、どういった利点があるかを箇条書きで出していき、その中で伝えたいことを中心に自己PRを書いてい区ことが大切です。

 

しかしながら、どうしても書いたことを覚え暗記しようとするとそれが相手にも自然と伝わってしまうものです。

なので練習の段階で止まったら紙を見るということではなく、止まったらフィーリングでどこまでやれるかと行った本番を意識しながら自己PRの練習を進めていくといいかともいます。

栄養士に転職したいようですが、そのことについてもしっかりと調べてからPRするようにしてくださいね。

 

転職したいなら、この転職エージェント(完全無料)↓ ↓

独りで転職活動するのは非常に心細いものです。その場合、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

完全無料でエージェントが今後のキャリアのアドバイス、職務経歴書・履歴書の添削、面接対策、面談調整、入社日の調整、条件交渉なども代行してくれるため非常に便利です。

転職エージェントといっても多数ありますが、ほとんどの方がまず登録するのが大手の『リクルートエージェント』と『DODA』です。

 

上記の大手エージェントでは、圧倒的な転職成功実績、業界トップクラスの求人件数、業界事情に詳しいエージェットが在籍などのメリットがあります。

そして、あらかじめ転職先の企業に求める条件や希望を聞いてから求人を紹介しているため、『膨大な求人情報の中から自分に合った企業を探す』という手間が省け、結果として、選考の通過率も上がり効率的に転職活動を行うことが可能になります。

 

エージェントを利用する場合、面談をしなければなりませんが、遠方に住んでいても電話での面談も可能です。

今すぐの転職は考えていなくても、相談だけでもOK!(サービスを利用しても転職するかどうかは自由です。)
↓ ↓

⇒リクルートエージェント公式ページはこちら

⇒DODA(デューダ)公式ページはこちら

 

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ