栄養士からエステへ転職することは可能?~口コミはこちら

栄養士からエステへ転職

『栄養士からエステへ転職することは可能?』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

エステティシャンになるには必要な学歴や年齢制限などはなく、比較的転職しやすい職業といえます。栄養士からエステへ転職することは可能であり問題ありません。

 

むしろ同じ人の体を管理するという目的は同じなため、栄養士としての仕事も生かすことができると考えられます。

エステは施術を行ないますが、肌を綺麗にするために必要な食材、ダイエットに効果的な献立の提案をすることもできます。

 

栄養士ならではのアドバイスができるので、一見関連性があまり見られないような職業でもそうしたところで生かすことが可能です。

エステに転職するには経験よりもやる気が必要なので、面接の際にはどんなエステティシャンになりたいか、やりたいことなど伝えると良いです。

 

■その2

栄養士からエステティシャンへの転職は可能だと思います。

エステティシャンの給与は歩合制のお店も多いので、お客様にいかに指名されるかが大切になります。

お客様に施術しながらお話することが多いので、栄養士としての知識を交えて、お客様のお悩みに対する食生活からのアドバイスができれば、かなりの強みになり固定のお客様を獲得しやすいと思います。

 

また、お客様は美容に対する意識が高い方が多いので、流行している新しい食材や料理を勉強して知識を増やす必要があります。

オーガニック野菜とか、ハーブティー、エスニックフード、中国茶や韓国茶などなど、健康に良いとされる料理や食材を突き詰めて勉強し、他の人に負けないと自負できるジャンルを極めるのも、差別化ができて良いかもしれないです。

 

■その3

エステシシャンになるためは国家資格などは必要ありません。一般的にはスクールや専門学校などで必要な知識を身につけます。

エステシシャンになるために栄養士の資格というのは一見無関係に思えますが実は密接に結びついているのです。

 

エステに求められていることは痩身やマッサージなど肉体的な美を磨くことです。エステシシャンは美容に関するアドバイザーでもある全身美容の専門家なのです。

そういった立場において栄養学の観点から、「美容」と切り離せない「食」についての専門的なアドバイスができる栄養士はとても重宝されることは言うまでもありません。

 

普通のエステシシャンには出来ないスキルや知識を身に着けている栄養士は、エステという職場には非常に親和性の高い資格なのです。

 

■その4

栄養士からエスティシャンに転職することはもちろん可能です。むしろ栄養士として培ってきた経験や知識を活かせる仕事だと思います。

当たり前ですが、エスティシャンとしての必要な技術や知識は新たに勉強する必要があります。ですが最初に研修制度がある企業がほとんどですのでその点は心配要りません。

 

晴れてエスティシャンにとしてお客さんを受け持つようになったら、栄養士だったことを思う存分活かしましょう。

通りいっぺんのエステの施術だけでなく、お客さんとよく話しその方の食生活を通して内面から美しくなれるようなアドバイスをぜひ行って下さい。

その際に栄養士であったことはお客さんにとって説得力を持つので、あなたと他のエスティシャンとの差別化ができ、人気のエスティシャンになることも可能です。

 

転職したいなら、この転職エージェント(完全無料)↓ ↓

独りで転職活動するのは非常に心細いものです。その場合、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

完全無料でエージェントが今後のキャリアのアドバイス、職務経歴書・履歴書の添削、面接対策、面談調整、入社日の調整、条件交渉なども代行してくれるため非常に便利です。

転職エージェントといっても多数ありますが、ほとんどの方がまず登録するのが大手の『リクルートエージェント』と『DODA』です。

 

上記の大手エージェントでは、圧倒的な転職成功実績、業界トップクラスの求人件数、業界事情に詳しいエージェットが在籍などのメリットがあります。

そして、あらかじめ転職先の企業に求める条件や希望を聞いてから求人を紹介しているため、『膨大な求人情報の中から自分に合った企業を探す』という手間が省け、結果として、選考の通過率も上がり効率的に転職活動を行うことが可能になります。

 

エージェントを利用する場合、面談をしなければなりませんが、遠方に住んでいても電話での面談も可能です。

今すぐの転職は考えていなくても、相談だけでもOK!(サービスを利用しても転職するかどうかは自由です。)
↓ ↓

⇒リクルートエージェント公式ページはこちら

⇒DODA(デューダ)公式ページはこちら

 

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ